アフリカを走る

SMILE AFRICA

今日はこのTシャツを着て、6時に起きてSMILE AFRICA  ~チャリティラン in Kibera~ というイベントに参加してきた。

チャリティランは、5kmの部と10kmの部があって、5kmの部は主にKiberaに住む子ども達がエントリー。

入賞すると学資や文具等がもらえるというもの。

私がエントリーしたのは10kmの部、目標は「走りきる!」

このイベントは日本の企業がたくさんスポンサーになっていて、高橋尚子さんをはじめ日本人も多く参加し、Nairobiにあるアフリカで2番目に大きいと言われるスラム地区Kiberaにて行われた。

Kiberaという所には、約100万人とも推定される人たちが約2.5㎢の土地にひしめきあって暮らしている。

離れて見るとトタンの茶色い屋根が一面に詰まっていて、最初見た時はここにそんなにも多くの人が暮らしているのかと、うまく頭の整理が出来なかった。

今日はそこに準備の段階からダンスミュージックが大音量で流れ、みんなが踊ったり走ったり自由に準備運動していた。

でもここはケニア、すべてがポレポレの国ケニア、こういったイベントでさえ時間通りに進むはずがない。

というわけで、まずは5kmの部から、予定より2時間遅れでのスタート!

子ども達、スタートダッシュむちゃくちゃ早い!本気で早い!

石がぼこぼこと突き出る赤土の上を、全力で駆け抜ける。

サンダルや裸足で走る子の姿もあった。片方の靴がスタート地点で脱げた子は、振り返らずにそのまま一足の靴のまま走り抜けて行った。

そんであっと言う間に帰ってきた。

最後まで全力で歯を食いしばりながらゴールする子ども達の姿に感動すると同時に、どんだけ苦しいんだとこのへんから不安になってくる。

私にとっては初めての10km走、アフリカの赤土のぼこぼこの大地で、予定より2時間半遅れで10時半よりスタート。

コースはKibera地区の横を走り、森林の方に抜ける片道5kmの折り返し。

ナイロビは標高が約1660mの都市、ただでさえすぐ息が切れて苦しいのに、スタート早々心臓破りの上り坂が。

知らなかった・・・。心が折れそうになる中やっと走ってのぼりきると、もうひと山発見。

最初の2.5kmで3つのお山に悩まされ、何度も「もーだめ、、、」と思ったけれど、右手に広がるのKiberaの家並みと、そのへんからひょっこり出てきて一緒に走ってくれるちびっこたちを見てると、走りきりたいなぁと思わされる。

苦しい所を抜けると、赤土の大地から突き出る石が少なくなり、きれいな緑が両手に広がる道へ出た。

石をよけて走らなくてもよくなったと思ったら、なんとそこからは牛のうんちをよけて走らなくてはいけないという試練。

すごい奇麗な景色なのに、見ていたのは牛のうんちばかり。

でも、どんどんよけるのがうまくなる。そして楽しくなる。

そんなこんなで、日差しも強く苦しかったけど、「Strong! Strong!」との声援を受け、時間はかかったけれど1時間13分で無事10km完走。

ゴール手前500mで出会ったちびっこ3人と、かけっこでゴール。

もちろん私がべべ。

でも今日、アフリカを走った!

最後の一枚は、Qちゃんとケニアの子ども。背景に、キベラの家並み。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。