新居と先住民

新居に越してきて2日目の夜。

昨日に引き続き今日も水なし・・・そして今夜は電気もなし・・・

なので月明かりとキャンドルですごしている。

これってものすごいエコな生活。

でもここにいたら、エコとかの話以前にサバイバル。

実際今日はボトルに貯めてあった水を大切に大切にちょろちょろ使って洗濯した後、その残り水をトイレの貯水タンクに入れて再利用。

でもたらいの水1杯だけで体を洗うつもりが無理で、3杯使った・・・まだまだサバイバーへの道は遠い。

 

新居は職場になる学校からダッシュで30秒の、4階建てアパート。

通りに面しているから夜も人通りが多く遅くまでなかなか賑やか。

近くにイスラム教のモスクがあって、そこから夜も早朝も不思議な音楽が大音量で流れてくる。

間取りは2LKで一人暮らしにはもったいない程のスペース。

有り難いことに、予めベッドとソファーと机を入れてもらっていた。

右奥が寝室、左に見えるドアからベランダへ出れる。

一見すごい快適だけど、ひとつものすごい悩まされていることがある。

(ここから人によっては鳥肌が立つ話です。)

この家には、ものすごい数の先住民がいる。ぞわ。

まだ開けてないパンの袋を机の上においた数十分後には、先住民がそれに群がっていた。ぞわぞわ。

鞄の中に、食べ残したケニア版フライドポテトを入れていたら、鞄の周りにも。ぞわぞわぞわ。

もうこれ以上思い出したくない。ぞわぞわぞわぞおわ。

とにもかくにも、蟻がいっぱいいるのです。

最初はその数の多さに恐れおののき、先住民ということもあり敬っていたけれど、あることを境にもう怒った!

なんと奴らは私がナイロビから仕入れて来たウガンダ米にまで手を付けていた。

(ウガンダ米は、日本米に味が近くて美味しいの。)

私の大切な米に手を付けた・・・許しはしない・・・。

ということで、地道に米と蟻を選別する作業にとりかかる。

5kgの米・・・執念の2時間。追い払った蟻の数はざっと300以上。

やっと黒い粒々のない白い米に戻った〜!

食材の保存方法を考えなくては、いつでも狙われていると思うと気が休まらない。

蟻のことしか書いてないけど、今日は夏休み中にも関わらず登校してきている少数の子どもたちと算数したり、蟻たちの要塞となる冷蔵庫を買いに行ったり、夜ご飯は家探しでお世話になった知人のケニア人宅におよばれしたりと、色濃い一日でした。

昨日の夜は、18歳のとき初めて一人暮らしをした時と同じ心境で、ものすごく心細かったな。

でも今夜は蟻との戦いも終え、少し逞しくなった私。

モンバサにての一人暮らし、ポレポレはじまり。

明日は水がきますように・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。