365分の1

今日という日はなんとも不思議な日だった。

いろんな事があったけど、そのどれもきっと1年後にはすっかり忘れてるだろう小さな事。

でもなんかその出来事の組み合わせや流れがおもしろかったので、記録のために書いておく。

まず昨夜、校長先生から電話があり、ちょっと都合がつかないから月曜から来てとのこと。

ということで1日フリーになった今日の朝は、またちょっとした先住民との戦いからちまちま始まった。

その後もなかなか外に出る気が起きなくて、一日だらだらしてようかななんて思ったけど、せっかくポカンと浮いてきたお休みの日だし・・・

ということで  “勉強机と椅子を買う日”  にしようと思い立つ。

近所には家具を作ってる工場や売りに出してる小店がいくつかあるので、いくつか回ってみることに。

でもなかなか欲しい大きさや形、色合いのものが見つからず、とぼとぼ歩いていると、アダブという以前会った青年がソーダ奢ってくれた。

冷たいソーダで体を休めて元気になって、また歩き出すと、次は家探しでお世話になったブローカーのケネスに会う。

机探してるのと話すと、一緒に探してやると仕事を他の人に任せてついてきてくれた。

「悪いからいいよ」なんて言ってももう思い立ったら聞かないケネスと共に家具探し。

2軒程さらに回ってもやっぱり見つからず。

するとブローカー業の傍らで鶏の販売を仕事にしているケネス、ちょっとまず一匹売りに行くからって言い出す。

最初は小屋から逃げ回る鶏を見てヒョエーと逃げてたけど、そのうち可愛く見えてきて持てるようになった私。

鶏を抱き通りを歩き、売り渡しに行ってきた。

はい、kuku(鶏)一匹600Kshです、まいどあり。

そして結局、鶏を買ってくれた野菜屋さんの店の隣の家具工場で、机と椅子をオーダーして作ってもらう事にした。

出来上がりは火曜日だって、やったね。

ここで今日の目的をほぼ達成。

手伝ってくれたケネスにお昼ご飯でもごちそうするよ〜なんて近くの食堂で昼食をとることに。

するとケネスの友人?客?らしき人が現れ、これから一緒に引っ越し先の家を見に行こうという事になる。

そして訳も分からず、一緒に売り出し中の高級住宅を見て回る。

外装よりも内装の方が素敵な家々。ケニアの上流階級の人が住む家はこんなところか〜と社会見学。

商談がまとまらない様子になると、私絶対じゃまだろうと思いぷらりと離れて、近くにいる子どもと遊ぶ。

とある家の前の商店で出逢った、こんな可愛い店員さんと遊んだり。

耳うち遊びが好きなこのかわいこちゃん。

耳うちはひたすら「…wewe ni mkanba?」(あなたはカンバ族?)

または売り出し中の家に住んでる、チフチフという子とタイヤ遊びしたり。

チフチフには最初は宇宙人でも見るかのように、すごい恐怖の顔で泣かれ、打ち解けるまでに長〜い時間がかかった。

そんなこんなしている内に商談がまとまり、無事にモンバサのバンブリにての高級不動産巡りが終わりました。

またとない経験が出来たので、ケネスにお礼を告げて、次はなんとなくモンバサのビーチへ。

気づけばもう夕方で、潮が引きはじめているビーチでは、ケニアの子ども達がそれはそれは楽しそうにはしゃいでた。

浜辺に座っていろいろ考えていると、らくだが私の周りの草をむしゃむしゃ食べに来た。

らくだをこんなに近くで見て、らくだの睫毛は非常に長いカールだということを知った。

うん、まとまりのない不思議な一日でした。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。