Bike the Coast

今日は私の住む町モンバサに、あらたに魅せられた日。

友だちに誘ってもらい、Bike the Coastというサイクリングツアーに出かけた。

モンバサの村々を走り、高台から湖畔を臨み、マングローブの間を抜け、アップダウンの丘を越えて、小高い山のてっぺんから、モンバサをインド洋まで一望するという計24kmコースを選んだ。

サイクリングというと聞こえは爽やかだけれど、舗装されていないでこぼこ道を、マウンテンバイクでごりごりと進む。

通り過ぎる村落では、水汲みや薪割りや料理と忙しく働くお母さんたちや、ぼーっと過ごす家畜の動物たち、無邪気な子ども達の姿。

みんな“Jambo!”(元気?) “Mambo!”(げんき?) “Mzungu!”(外人!) “ Karibu!”(ようこそ!)と声をかけてくれる。

挨拶を重んじるケニアの文化は、町よりも断然に田舎の方に残っていて、みんな人なつこい。

見る景色すべて愛おしく感じるようないい時間を、自転車の上で、そして自転車の脇で過ごした。

ここで今生活してる事に、改めて感動したりした。

村の子ども達が風車の作り方を教えてくれた。自転車につけて走ってみせたら喝采!

Mtwapa creekはマングローブの緑がもこもこと茂って美しい。

ここでかじった生キャッサバのあの甘みは、きっとしばらく忘れない。

私の愛車は左から2番目、お尻の風車が目印。

ガイド2人に導かれ、目的地の小高い山に無事到着。

休憩と寄り道しまくりで、のんびり5時間かけてのゴールだった。(本当は3時間くらいが目安らしい。)

何度もなんども、「ショートカットあるよ。」「ショートカットしたら楽だよ」とガイドに囁かれていた私たち。

そんな選択肢はない!と断固拒否してがんばった甲斐あり。

もうすぐインドに帰ってしまうLisaと過ごす貴重な一日は、強い日差しもお尻の痛さも苦痛じゃない程に、しあわせ三昧だった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。