Tsavo East and Amboseri National Park

動物大国ケニアの魅力を肌で感じるべく、初めて本格的なサファリに出る。

今回はケニアで最も広い面積を誇るTsavo East National Parkと、タンザニアとの国境に近いのでキリマンジャロが眺められるAmboseri National Parkを3日間かけてサファリカーで巡った。

圧巻の大自然。サファリのハイライトを振り返るとこんな感じ。

 

12月4日 MarindiよりTsavo East NP へ

木の上に持ち上げられたシマウマ。お腹は食べられていた。弱肉強食。

水場に集まっていた象の群れ。赤土を浴びるTsavoの赤象は、健康的に見えた。

ホテルからの息をのむ絶景。ここに見える水場には朝夕とインパラ・ウォーターバック・象も訪れていた。

夕方のゲームサファリは途中から雨。土砂降りの中休む雄ライオンに遭遇した。初めての野生ライオンに興奮。

 

 

12月5日 am:Tsavo East,  pm:Amboseri NP

Tsavoの巨大一枚岩、Musanda Rockにて。Tsavo Eastの景色はダイナミックで雄大。

Amboseriに移動し、どこまでもどこまでも続くサバンナと、その先の地平線を望む。

Amboseriは鳥の楽園。冠鶴が羽を広げて飛び立つ姿は、言葉にできない美しさ。

この日の最後に見たのはトムソンガゼルの群れだった。

 

 

12月6日 am: Amboseri NP

サバンナの真ん中で見る、夜中4時の満点の星空。

そして朝靄の中のキリマンジャロ。

朝も早くから花畑を散歩する象たち。おとぎの国のよう。

なかなか日中に顔を出さないカバも見れた。仲間はみんな湖の中なのに、一人食べ続けるくいしんぼうカバ。

 

 

他にもキリン、バッファロー、ヌー、ディクディク、ジャッカル、ハイエナ、などなどなどなど3日間で胸いっぱい。

たくさんの動物を見て息をのみ、大きな景色を眺めて深呼吸。

サファリたまらん。

今度はチーター・レオパードあたりに会いに、また行きたいなー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。