はじめてのお買い物

この学校に来て子ども達に会ってから早8ヶ月だか9ヶ月。

予想もできない事が次々起こるケニアの学校事情。

実は今タームが始まってすぐにまた障害児学級から教員がひとり減らされ、ついに約30の生徒に対して私ともう一人の同僚の2人だけになってしまった。

私は今まで見て来たクラスを離れ、もうひとつのクラスを担任している。

 

ないものやできないこと、不満を挙げだしたらきりがない。

けれどそんな中にいると自然と、現状の中で何ができるか、限られた自分の能力や経験から何を還元できるか、本当に必要とされていることはなにか、クリアに考えられることも多い。

 

子ども達が、もっと色んなものを見てそれに触れ、自分の生きる世界を知り、そしてそこから学ぶチャンスを得られるようにしたい。

簡単に言うと、子ども達の経験拡大とソーシャルスキル獲得を目指した取り組みを定着させる事。

それがいくつか据えている目標の中の、ひとつ。

 

そのためにこれまでは時間をかけて、いろんな方向から地固めをしていたけれど、今日やっと子ども達と一緒に一歩を踏み出せた。

したことは、ただの買い物学習。

学校から一番近いDuka(小さな売店)に、歩いて行き、それぞれが5kshの食べたいお菓子を買うという学習。

自分でも笑ってしまう程聞こえは簡単なのに、ここまでこぎつけるのになかなか時間がかかった。

校長先生や同僚の理解と協力を得ること。

取り組みのための資金の工面方法。

継続性のある活動にするために、たくさん根をはること。

安全面の配慮。

など、もろもろ・・・。

 

でもターム期間中に狭い学校の敷地からほぼ出られない寮の子ども達の、外に出た時の笑顔と生き生きした顔。

ぎゅっと握りしめたコインを、店員さんに渡して受け取ってもらった時の、ほっとした子の顔。

初めて自分で買ったお菓子を、食べないと言って一日ずっと眺めていた子。

門を出たとたんに走り出したらどうしようと思っていた子は、外に出ている間ずっと私の手をきつく握っていた。

 

自分のしようとしていることが本当に必要とされているのか、いくらかの不安があったけれど、答えをくれたのはやっぱり子ども達だった。

 

そして地域の人たちも、子ども達のことをまじまじと目をそらさずによく見てくれていた。

初めて見る子ども達の姿に、同僚が大興奮して喜んでいた。

小さいけれど、貴重な一歩。

今日だけは嬉しさの余韻にひたる。

 

これからしばらく、セントピーターズスクールは毎週水曜日がお買い物デー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。