Madaraka day

昨日6月1日は、Madaraka dayというケニアの祝日だった。

1963年、今から49年前のこの日に、ケニアはイギリスより自治権を獲得した。(正式な独立は1963年12月12日)

大きなスタジアム等では、記念式典が行われ、政府関係者のスピーチやパレード等が盛大に行われていたようだ。

でも私の住むバンブリの町は、Madaraka dayなど全く気にも留めない様子で、いつもと同じ喧噪だった。

 

私は、最近テロ事件も続いていることだし、あまり人ごみに行かず大人しく過した。

友だちの家のパーティーに行き、まったり一日が終わった。

集まったのは、ケニア人、アメリカ人、ドイツ人とそして日本人の私。

 

ケニアの人がもつそれぞれの国のイメージについて話していた。

 

私が日本人だと言うと、ケニア人の示す反応のトップ3は

「トヨタ!ニッサン!車くれー。」

「カンフー!テコンドー!カラテ!お前は強いのか?」

「日本?中国?チガウクニ?」

このような感じ。

稀に津波被害に対するお悔やみの言葉をくれる人と出会う事もある。

 

ドイツ人の友だちは、ドイツに対するケニア人のもつイメージはヒトラー一本だと言っていた。

「ヒトラー大変だったな」

「ヒトラー何したんだ?」

「ヒトラー元気か?」

 

そしてアメリカとなるとオバマ一本となる。

「オバマの父親はケニア人なんだぞー!」

「オバマー!」

「オバマ最高!」

ケニア人は本当にオバマ大統領を敬愛している。

 

こういう点から見ても、ケニア人はシンプルだなと思う。

なんだか可笑しかった。

そして数十年前までは複雑に絡み合っていた国と国からやってきた人が、今はこうしてケニアのとある家庭で集まってテーブルを囲む。

現在は国と国とは更に複雑にからみあっているのかもしれないが、こういった小さなテーブルが世界平和に続いているのかもしれない。

そんなMadaraka day。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。