子どもはみんなアーティスト

ぼちぼちとターム2が終わりに近づいているという事で、最近は学校にておさらいテストのようなものを実施している。

絵を描く事が出来るクラスの数人の生徒には、“ネコの絵を描いて色を塗る”という課題を出した。

 

まず、“cat” とは何かという復習からテスト開始。

元気生徒のカマウは、自信満々に “クロコダイル” だと答える。

メリーは、私の顔色を伺いながら控えめに “ドッグ” だと答える。

うちのクラスのエリート達よ、この数ヶ月何を学んだんだー!と心の中で泣きながら、いつものごとく迫真の演技でものまねし、ああ “cat” は “Paka”(スワヒリ語でネコ)ね!とその場を落ち着かせる。

そして皆で鉛筆を手に取ると、それぞれが思い思いにテスト用紙の上にcatを生み出していく。

 

生みの親はカマウ。

誰よりも見本の絵をよく見ながら書いていた、真っ赤なお顔のデーモンcat。

生みの親はトワリック。

右腕のすさまじい筋肉は親譲り、いつも石を両手に筋トレしている彼の分身のようなcat。

生みの親はメリー。

明るく鮮やかな色使いなのに、こんなに気の抜けたcat。

 

担任の欲目かな・・・。

みんな才能があふれているのだけれども!

このキャラが際立つ3匹のcatsを主役に、アニメ化できないかな。

今夜は時間がゆっくり流れ、妄想が進む。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。