子どもを学校に行かせるか、それとも刑務所へ行くか

トップ記事のタイトルが目に入り、買った今日の新聞。

“Take your children to school, or go to jail”

内容は、新しい法律の下では、保護者は子どもを学校に行かせなかった場合は、最大一年間刑務所に入れられるか100,000ksh(約10万円)の罰金を課せられるようになるというもの。

 

ケニアの学校システムは、nurseryと呼ばれるいわゆる日本で言う幼稚園にあたるものが3年間、 小学校にあたるprimary schoolが8年間、そしてその後 secondary schoolが4年間という構成になっている。

Primary schoolは義務教育で無償だけれど、それでも制服代やノート代等が払えない等の理由、働き手として使われているなどの理由で、学校に迷えていない子どもがまだまだたくさんいる。

ましてや年間約30,000ksh前後の学費のかかるSecondary schoolともなると、学校に行きたくても行けない子どもの数はぐんと多くなる。

この新法律が示す学校とは、nurseryからsecondary schoolまで。

学校に行けない子ども達の家庭環境は、もちろん貧困層。

一冊20kshのノートを買う事も苦しい家庭に、100,000kshの罰金の支払いができるはずがない。

では罰金が払えなくて保護者が刑務所に入れられた場合は、誰が子どもの面倒を見て学費や生活費を払うのか。

無謀で空っぽな、現実味と思いやりにかけた政策。

読んでいて、言葉の通りにあんぐり口が開いた。

 

この国のリーダー達は社会の底の方が全然見えていないみたい。

子ども達や国の未来を思い、子ども達みんなに教育を本当に与えたいなら、考えるべき事はもっと他にあるだろう。

・・・と、憂えてみたりして。

広告

2件のコメント to “子どもを学校に行かせるか、それとも刑務所へ行くか”

  1. たえちゃん、、
    お元気ですか?

    新聞記事についての日記読んで…

    無謀な法律のように感じて私もびっくりしました。汗。。
    子どもたちの現在、未来について、
    広い目線で社会を引っ張っていくことのできるリーダーが生まれることを祈ります。。

    色々ありますが…
    ニコニコ元気の健康一番で☆彡

    たえちゃんファンの桃子、、
    日本より応援しています^^

    桃子

    • もーもー
      無謀だよね。日本にいたとき、政治とか遠巻きに見ていたというかほぼ無視で過していたけど、こっちに来てから「え!」と耳を疑う事が多くて・・・気にせずにはいられない。
      リーダー・・・日本にもケニアにも国をよい方向へひっぱるリーダーが必要だね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。