ケニア山登山

12月8日〜12日、ケニア山登山へ。

Nanyukiから、4985mのLenanaピークを目指し、Chogoriaに抜けるコースに挑戦した。

約5000mの高度の世界へ行くことに不安はあったけれども、無事に登頂。

あんまりにも美しい景色の連続に、感動しっぱなしの幸せな五日間だった。

ちょこっと登山記録。

 

−12月8日−

Nanyuki(2600m)よりスタート。

早速息を切らしながらも、休憩の度にチョコレートを食べながら進む。

3300m地点のロッジに着いた頃、ちょうど夕日が雲の下へと沈んでいった。

そして、夜に満天の星空に登山の成功を祈る。

Stars

 

−12月9日−

朝も早くから登山ガイドに導かれるままに歩く。

高度が上がるにつれて、だんだんと植物に変化がみられてくる。

見た事もない高山植物がいっぱい。

“風の谷のナウシカ”の世界を醸し出す尾根道を歩いていく。

少し雨に降られるが、夕方無事に標高4200mの場所にあるロッジに到着。

Exif_JPEG_PICTURE

 

−12月10日−

夜中3時、寒さで凍える暗闇の中、Lenana山頂を目指して出発。

急な山肌を一歩一歩じわじわ進む。

岩をよじ登るような場所もある。

何より呼吸が苦しかった。

でも登頂時は、安堵や喜び、目にした朝日の美しさ、全てが一緒くたになった感動で、ただ涙がでてきた。

Exif_JPEG_PICTURE

IMGP1460

 

−12月11日−

いよいよ山を下りはじめる。

登ったり下ったりを繰り返す中で、スバラシイ絶景が次々に現れてくる。

自然ってなんて大きくて優しくて美しいんだろう。

感動の連鎖。

約10時間近く歩き、夕方にロッジに着いた頃には膝やらつま先やら体のあちこちが悲鳴をあげていた。

それでも楽しくて仕方なかった一日。

DSC_1767

 

−12月12日−

この日は午前中のみ、Chogoriaを目指して山を下る。

途中、横に竹やぶのある道を歩いていたときに、すぐ隣で象がバキバキと竹をなぎ倒しながら歩く音がした。

ケニア人ガイド、大慌てでみんなに「走れ!」の指示。

筋肉痛でよちよち歩きの私も、このときばかりは全力疾走できた。

そんなハプニングもありつつ、無事下山。

 

こんなに楽しく登山できたのは、一緒に登った仲間と、ガイドやコックさん、荷物を持ってくれるポーターなどみんなのおかげ。

こんなに感動したのは、ケニア山のおかげ。

ありがとうケニア山、あなたのおかげでいっぱい幸せでした。

R0016443

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。